BACTERIA
Voice / Guitar / Programing : KAWAGUCHI TOYOKI
Bass / Voice : SUZUKI HIROSHI
Drums / Voice : DEN

80年代半ばにカワグチのノイズユニットとして活動開始。当初は画廊や倉庫での演奏、無数の宅録音源制作等ライヴシーンとは少し離れた場所で活動、90年代初めには映像や演劇とのコラボレートやクラブイベントにも出演、総勢10名近い集団のときもあったが、次第に現在に近いノイジーなバンドサウンドへシフトチェンジ。ライヴハウス出演回数も増え、メンバーも固まり、バンド編成となって活動を開始。
現在までにマイペースながら6枚のアルバムをリリース。海外含めコンピ数枚に参加。MASON JONES. SISTER IODINE. TALBOT等、海外アーチストのサポートも数回行っている。シークエンストラックをベースにリリカルなゴシック・ハードコアを大音量で鳴らすサウンドは年を重ねるに連れ殺伐とした轟音度を増し、ヴァイオリンやチェロのサポート含む6人編成でライヴを行なう時もあればPAレスのアコースティック編成での演奏も行なうなど、時に強く、時に切なく響く。しかし現在のライヴで一貫しているのは耳鳴り必須の骨太な爆音グルーヴサウンドである。

ALBUM
1993「SEASON OF DISEASE」( SSE )
1994「CELL DIVISION」( SSE )
2003「SCUM」( GrandFish / Lab )
2005「HATE ALL」( GrandFish / Lab )
2009「LOST」( GrandFish / Lab)
2013「GARDEN」( GrandFish / Lab)