LADIESROOM
Vocal : Hyaku ( 百直 )
Bass : TOSHIGEORGE( 我孫子神音会, SEXXXXXX )
Guitar : NAO ( 百直, 仮称も無し )

1987年 百太郎(Vo./96年解散までのステージネーム)とGEORGE(Ba.)を中心に結成。

1989年 JUN(Dr.)NAO(Gt.)が加入する。LP「SEX SEX SEX」(1989年リリース)は限定3000枚を2週間で完売させ、後にCD化された本作品は脅威的なセールスを誇った。

1991年 「MADE IN SEX」でメジャーデビュー。"LADIESROOM" はロックバンドとして成長し続け、確実に支持されていった。

1992年 2nd Album「LOCK&KEY」リリース。

1993年 3rd Album「eat a peach」リリース。日本武道館で初ワンマン「THE LIVE」を行う。11月、JUN(Dr.)が急病で倒れる。JUNの復帰を心待ちにしつつも復帰までの間Drumlessのユニット「RHYTHM CRUSH」を結成。

1994年、アコースティックアルバム「RHYTHM CRUSH」、「RHYTHM CRUSH2」リリース。

1995年、JUN(Dr.)復帰。LADIES ROOM活動再開。2年半振りに4th Album「SUPER GIRL」リリース。2度目の日本武道館公演「THE LIVE II」を行う。

1996年 3月に渋谷公会堂で解散LIVEを行い、数々の伝説を残しながらも突然の解散。その後、個々の活動を行う。

2001年 EXTASY主催オールナイトイベントにて、Special Guest Bandという形でLADIESROOM復活ライブを行い、Album「Super Turtle Attack」をリリース。何もかもが順調に見えた彼らだったが、活動そのものを続けるべきかどうか真剣に考えることになる。彼らが出した結論は「決して大きな商業ベースにのらなくとも、その時だけは みんなが一人の女性や男性に戻れるような そんな音楽があってもいいんじゃないか」そして「どうせやるなら自分たちのレーベルで!」 というおまけ付。

2003年 どこまでも自らの道を突き進むために、プライベートレーベル「TURTLE ATTACK RECORDS」を立ち上げ、待望のTURTLE ATTACK RECORDS・LADIESROOM本格始動第一弾Mini Album「GET A THRILL」リリース。

2004年、LIVE-ALBUM「SEX, SEX&ROCK'N ROLL」(2枚組)をリリース。Mini-Album「地獄までドライヴ」リリース。

2005年、LADIESROOM オフィシャルファンクラブ「亀家」発足。セルフカバー・アルバム「The Very Best of the Golden Fuckin' Greatest Hits Platinum Self Cover Album 1987-1992/1993-1995」2枚同時発売。

2006年 2月にJUN(Dr.)が脱退するが、LADIESROOM最大の武器であるNAO(Gt.)が生み出す楽曲、セックスの匂いを漂わせる歌詞を大人の色気と共に歌い上げるHyaku(Vo.)その楽曲全体を"LADIESROOM"にするアレンジはそのままに、あえてこの時代にスタンダードなハードロックを追求する彼らの限りない挑戦は続く。LADIESROOMの音源を使用し、HIP HOP/R&BアーティストがRemixした「LIVE TOGETHER -the other side of LADIESROOM-」発売。