DOOM
Vocal / Guitar : 藤田タカシ
Drum:PAZZ ( GASTUNK, SHELLSHOCK, I love you... OK? / ex. Z.O.A )
Bass:古平 ( ex. CASBAH )
1984年、藤田、諸田コウにより結成。諸田の誘いで広川が加入。デモテープ「DOOM」を発表。プログレ、ハードコア、ブルース、ジャズなど多ジャンルの影響から独自のサウンドを生み出し、白塗りメイクの強烈なインパクトと共に、他を寄せ付けない圧倒的なオリジナリティを獲得。

1986年、4曲入りファースト・シングル「Go Mad Yourself!」、1987年、V.A.「Skull Thrash Zone」に2曲参加(DOOM / X(現X JAPAN) / ROSE ROSE / Jurassic Jade / Ground Zero / SHELLSHOCK)。続くファースト・アルバム「No More Pain...」は好セールスを上げ、国内外で高い評価を受ける。

1988年、ビクターからメジャーデビュー作「Killing Field...」を発表。次作のトラックダウンを行う為に渡米。NEW YORK CBGBなど4カ所でライブを行う。アルバム「Complicated Mind」発表。

1989年、アルバムレコーディングの為、再び渡米。アメリカ東部海岸ツアーを敢行。アルバム「Incompetent...」発表。国内でのツアー重ねる中、広川が脱退。後任にGASTUNKのPAZZが加入。新たな血をDOOMに注ぎ、スリリングなサウンドはさらに加速。

1991年、アルバム「Human Noise」発表。サウンドエフェクトを使用したインダストリアルミュージック的なアプローチを見せるなど、サウンド面でも大きな変化を遂げる。

1992年、DOOMにGASTUNKのヴォーカリストBAKIが加わる形で、プロジェクト“QUARTERGATE”を結成。アルバム「QUARTERGATE」を発表。同年11月、アルバム「Illegal Soul」発表。

1994年、止まらない進化を続ける中、病気に伴い諸田が一時離脱。SHELLSHOCKの千葉を迎え、シングルの発表やライブを行うも活動休止。(諸田は1997年にソロアルバム「生∞死」発表)

1999年、諸田が不慮の事故により急逝。同年11月に藤田とDef.Masterのyu-miによるコラボレーション・ユニットとしてDOOMが復活、アルバム「Where You Life Lies!?」を発表。これを最後に再度活動休止。

それから数十年、もはやDOOMを体感することは不可能と言われていたが、2014年、結成メンバーである藤田を中心に、PAZZ、過去にCASBAHに在籍していた古平が集結。幾多もの伝説を残すDOOMが遂に再始動を果たす。