SOUL FLOWER UNION
唄 / ギター / 三線 : 中川敬 ( ex.ニューエスト・モデル )
キーボード : 奥野真哉 (ex.ニューエスト・モデル )
ドラム : 伊藤孝喜
ギター / ペダルスチール / ブズーキ / マンドリン : 高木克 ( ex.SHADY DOLLS )
ギター / ブズーキー / チャンゴ / チンドン : ひでぼう[伊丹英子] ( メスカリンドライブ )
ベースギター : 阿部光一郎

1988年、中川敬率いるミクスチャー・パンク・バンドの ニューエスト・モデル (1985~1993)と、伊丹英子率いるガールズ・ガレージ・バンドの メスカリン・ドライヴ (1984~1993)が、自主レーベル「ソウル・フラワー・レコード」を設立。1989年にソウル・フラワー・レーベルごとメジャー・レーベルと契約し、1993年までにニューエスト・モデル、メスカリン・ドライヴ双方合わせて10枚のアルバムと11枚のシングルをリリース。パンクに始まり、モッズ・ミュージック、ソウル、ファンク、トラッドなど、様々な音楽を旺盛に取り入れてゆく両バンドの、高次の雑食性に痛烈な社会批判性を伴った音楽スタイルが、日本のロック・シーンを盛り立てる。1992年にリリースされたニューエスト・モデルの5thアルバム『ユニバーサル・インベーダー』(オリコン・チャート10位)で音楽性・人気ともに頂点を極めたのち、ニューエスト・モデルとメスカリン・ドライヴは、同時解散・統合という形で、ソウル・フラワー・ユニオン を結成する。

1993年、メスカリン・ドライヴの4thアルバムとして制作されていた、アイヌ民族抵抗史をテーマに据えたアルバムを、ソウル・フラワー・ユニオンのファースト『カムイ・イピリマ』としてリリース。

1994年、日本の土着的グルーヴとロックンロールの、ソウル・フラワー流ミクスチャー・スタイルを確立した、「もののけ解放」をテーマに据えたセカンド・アルバム『ワタツミ・ヤマツミ』をリリース。

1995年、阪神・淡路大震災の被災地で ソウル・フラワー・モノノケ・サミット 名義による「出前慰問ライヴ活動」を開始。ロック的アプローチのソウル・フラワー・ユニオンと、チンドン・ミュージック的アプローチのソウル・フラワー・モノノケ・サミットの、同時並行活動が始まる。

1996年、被災地で生まれた名曲〈満月の夕〉、代表曲〈海行かば 山行かば 踊るかばね〉〈エエジャナイカ〉等を収録した初期ソウル・フラワーの最高傑作アルバム『エレクトロ・アジール・バップ』をリリース。この時期、モノノケ・サミットは、神戸や寄せ場での活動以外に、北朝鮮・香港・ベトナム・フィリピンのスモーキーマウンテンなどでライブを敢行し、二枚のアルバム『アジール・チンドン』『レヴェラーズ・チンドン』をリリース。また、中川敬は、ソロ・プロジェクト「ソウシャリスト・エスケイプ」で、アイリッシュ・トラッド界の先鋭達と『ロスト・ホームランド』『マージナル・ムーン』を制作する。

1999年、日本の大衆音楽とアイリッシュ・トラッドを繋ぐ、90年代のソウル・フラワーを凝縮したアルバム『ウインズ・フェアグラウンド』をリリース。ピンク映画の巨匠・若松孝二と、アイルランドでPVを撮影する(〈イーチ・リトル・シング〉〈風の市〉)。同年8月、韓国・釜山のフェスに、日本語解禁後、公式では初の「日本語バンド」として訪韓。年末には、初のライブ・アルバム『ハイ・タイド・アンド・ムーンライト・バッシュ』をリリースする。

2000年、フジ・ロック・フェスのグリーンステージで最終日の大トリを務め、伝説的ライブ・パフォーマンスを披露。初の映画サウンドトラック『アンチェイン』(豊田利晃監督)をリリース。

2001年、〈荒れ地にて〉〈サヴァイヴァーズ・バンケット〉を収録した、ロックンロール回帰色の濃いアルバム『スクリューボール・コメディ』をリリース。中川敬は、沖縄民謡界のゴッドファーザー登川誠仁のアルバム『スピリチュアル・ユニティ』や、ヒートウェイブ山口洋との別ユニット「ヤポネシアン・ボールズ・ファウンデーション」のアルバム『アザディ!?』を制作する。

2002年、モノノケ・サミットが、東ティモール(独立祝賀コンサート)やフランス(計22公演)などでライヴ。中川敬は、北方領土・国後島のムネオ・ハウス前でもライヴを行う。非戦連作の第一弾となるアルバム『ラヴ・プラスマイナス・ゼロ』をリリース。

2003年、伊丹は、耳の難病「音響性外傷」と「子育て」の為、モノノケ・サミットに専心。高らかに非戦を謳うコンセプト・アルバム『シャローム・サラーム』をリリース。

2005年、韓国・ソウルでライヴを、モノノケ・サミットとしてヨルダン・パレスチナ難民キャンプでライブを行う。〈神頼みより安上がり〉〈松葉杖の男〉等を収録した、4年ぶりのフル・オリジナル・アルバム『ロロサエ・モナムール』をリリース。

2006年、モノノケ・サミットの9年ぶりになるサード・アルバム『デラシネ・チンドン』、ソウル・フラワーの00年代を総括した3枚目のベスト・アルバム『ゴースト・ヒッツ00~06』をリリース。

2007年、新たな米軍基地建設が計画される沖縄・辺野古のビーチにて「ピース・ミュージック・フェス」を企画・出演。中川・奥野・リクオの三人による地方巡業用ユニット、ソウル・フラワー・アコースティック・パルチザンが本格始動。

2008年、初のライヴDVD『ライブ辺野古』、キューン時代のシングル集『満月の夕~90’sシングルズ』、〈ラヴィエベル〉〈寝顔を見せて〉等を収録したフル・アルバム『カンテ・ディアスポラ』をリリース。

2009年、10年振りのフル・ライヴ・アルバム『エグザイル・オン・メイン・ビーチ』をリリース。

2010年、<ルーシーの子どもたち><アクア・ヴィテ><死ぬまで生きろ!>等を収録したフル・アルバム『キャンプ・パンゲア』をリリース。

2011年、東日本大震災の被災地で「ソウルフラワーみちのく旅団」名義による「出前慰問ライヴ活動」、支援活動『ソウルフラワー震災基金2011』を開始。中川敬初のアコースティック・ソロ・アルバム『街道筋の着地しないブルース』、被災地・東北での出逢いを凝縮したミニ・アルバム『キセキの渚』をリリース。

2012年、キューン時代の5作とレア・トラック集をまとめた6枚組BOXセット『ソウル・フラワー・ボックス 1993-1999』をリリース。中川敬のセカンド・ソロ・アルバム『銀河のほとり、路上の花』リリース、弾き語りでもライヴを開始。

2013年、ミニ・アルバム『踊れ!踊らされる前に』、結成20周年を記念したミュージック・ヴィデオ集、DVD『ゴースト・キネマ 1993-2013』をリリース。モノノケ・サミットで台湾ツアーを行う。

トラッド、ソウル、ジャズ、パンク、レゲエ、ラテン、民謡、チンドン、ロックンロールなどなど、世界中のあらゆる音楽を精力的に雑食、それを具現化する祝祭的ライヴは、日本最強のオルタナティヴ・ミクスチャー・ロックンロールと評される、唯一無二の存在として、国内外を問わず高い評価を得ている。