伝説のイカ天バンド、サイバーニュウニュウ 独占インタビュー。奇跡の再起動について語る。
CYBER NEW NEW


レプリ・シン : カセットバージョンはたしか赤司さんにお借りしたのと?

メカ・エルビス : シン君が持っていたカセットマスターの良いところを使って。

レプリ・シン : それで過去の音源を探していたら、発表していなかったものも出てきたんです。

liveikoze : それが未発表の曲ですね。ほぼ全ての楽曲を今回収録していますが「アナーキー・イン・ザ・ブルーハワイ」と「すいか割り」を収録しなかったのは、やはり権利関係の問題ですか?

一同 : (笑)。

赤司 : まだA太郎さんが加入前に、楽曲の出版を管理されていらっしゃる所へ3人で行ったんです。好意的に対応して頂いたのですが、本国の方の許可を取ろうと思ったら「これはちょっと…。」ということで、結果的に収録できなかったんです。

liveikoze : カヴァー曲は難しいのですか?

赤司 : 「アナーキー・イン・ザ・UK」をああいう感じでやっているのは他にはいないじゃないですか。原曲のままだと問題ないらしいですけど、色々あるみたいですよ。世界が狭くなってしまったせいで直ぐに耳に届いてしまうので。入れたかったんですけどね…

liveikoze : それでは個々のアルバムについてお聞かせください。まずは「未開派野郎」についてお願いします。

レプリ・シン : あれってイカ天に出るということで慌てて録音したんだッけ?

メカ・エルビス : 違う違う!イカ天に出る前(笑)。

レプリ・シン : 当時原宿にイカ天ショップがあったじゃないですか。あれのせいでメチャクチャ「未開派野郎」は売れました(笑)。作るのが間に合わなかったくらいです。

liveikoze : ブームでしたからね。

レプリ・シン : カセットに穴を開けてボルトで締めてあったんです。立ち聴き防止みたいな感じで。そんなことやったせいで全然作るのが追いつかなくて。

メカ・エルビス : 一個一個半田ごてで穴を開けていたので。

liveikoze : ブームになる前から活動されていたわけですが、それ以前からの曲を収録されてたんですよね?

メカ・エルビス : いえ、違います。ある時シン君が、「これまでの楽曲は忘れてくれ!」と言ったんですね。それで、_「え~!」ってなって…今までずっとやってきた楽曲が一杯あったんですけど「もう前のは止めよう、新しいの考えたから」ってことで。それでその後の一曲目がイカ天に出た時の「ひねりつぶせ!」だったんです。全ての曲が途中で無軌道にテンポが変わる曲を沢山作っていて、さらにバンドの名前も考えてある「サイバーニュウニュウ」はどうだろう?って。だから曲に合わせてバンドの全ての形態がコンセプトごと変わって。

liveikoze : 「未開派野郎」以前と以後ですか?

メカ・エルビス : そうです。それでバンド名がサイバーニュウニュウになったことで僕と当時のドラムが「フラストレーションタメオ、タメゴロウ」にされそうになったんです。僕はタメオで(笑)。

一同 : (笑)。

メカ・エルビス : タメオか…、それはちょっと待ってということで、急いで自分のキャラクター作りを考えてメカ・エルビスになったわけです。

liveikoze : その前はこういったスタイルではなかったわけですね。

メカ・エルビス : いやいや普通にやってましたよ。

liveikoze : ということは、89年の時点が結成みたいなもんなんですね。

メカ・エルビス : そうですね。

レプリ・シン : でもその前にやっていた曲が、実は「秘密のバス」に入っているんです。逆に。

liveikoze : ということは「未開派野郎」のほうが実は「秘密のバス」よりコンセプチュアルなアルバムなんですね。

レプリ・シン : そうです。

メカ・エルビス :「未開派野郎」に合わせてこのメカ・エルビスを考えたものですから、この格好で「秘密のバス」をやることはチャレンジだったんですけど。

赤司 :「未開派野郎」は当時カセットだったのでブックレット等が無く、今回リリースするにあたり、シンさん、メカさんのファンが当時の写真等を貸してくれたので新たにCD用のブックレットを作ることができました。

セミメタルA太郎 : 自分がサイバーニュウニュウを知ったのは、福岡でバンド活動をしている時で、高校の時の同級生がイエロー太陽Sなんですけど、「やっばいな~!」ってリアルタイムでイカ天で観てたんです。「ひねりつぶせ!」はすごく覚えていて…自分も福岡でこういう格好で顔を半分白く塗ったりしてやっていたんで、いわゆる世間的にイロモノと言われるバンドです。だからすごく気になってしまい…

liveikoze : でもある意味ヴィジュアル系ですよね。ニューウェイブ的な。ディーヴォ的というか…

一同 : そうですね!

liveikoze : マニアックだけど観た人は何かしら引っかかっるバンドなんじゃないですか?サイバーニュウニュウは。

レプリ・シン : マニアックですね~的な(笑)。

liveikoze : メジャーでのリリースもないのに結構みんな知ってますし。

赤司 : サイバーニュウニュウは自分しか知らないカッコイイバンドという系譜の中にいるんですよ。映像作品でもコミックでも良いのですけど、そういうポジションにいるアーティストや作品は、絶対ファンが離れないんですよ。サイバーニュウニュウは25年前からずっとそのポジションにいるバンドですから、皆さんも再起動に関しては違和感がないんじゃないですかね。