up-beat tribute band 独占インタビュー。活動再開からアルバム、そして結成30周年について当時のことを赤裸々に語る。
up-beat tribute band


liveikoze : ライブが切っ掛けだったわけですが、復活ライブからライブをやっていく中で、気持ち的な部分が「このバンドでやっていこう」という感じになったわけですよね?

広石 : やってる時はあまりバンドバンドって感じではなかったですけどね。

潮崎 : まぁ、お祭りごとって感じの集まりが多かったですからね。

広石 : やっていくうちにバンドみたいになってきて、あ、バンドだねっていう感じ(笑)


liveikoze : 今後もアルバムを出していくと考えていいですよね?

広石 : 未来のことはわからないけどね。ただ2年後にはデビュー30周年がくるから(笑)

水江 : そこなんだよ、いちいち記念日があるからね。


liveikoze : そこで新録とかやって欲しいですけどね。新しい曲でアルバムを作ることは考えてないのですか?

広石 : 曲の書き方がね、UP-BEATに出来るのかな俺って感じだよね。正直全然違うしね。

liveikoze : 過去の作品で印象に残っているアルバムはありますか?

広石 : どれもあるよ、思い出は。

liveikoze : これっていうのは?

広石 : これっていうのは絞り切れないね。ダメなのは2枚ほどありますよ。言わないけど。

liveikoze : あえて聞きません(笑)水江さんはどうですか?

水江 : アルバムというよりやっぱり曲ごとだろうね。この曲はいいなぁとかいうのはあるよね。俺は「TEARS OF RAINBOW」が好き。あと「NEW DREAM」。

liveikoze : 潮崎さんは?

潮崎 : 僕はレコーディングは「Pleasure Pleasure」以降なんです。それまでレコーディングはやってないですけど、僕がUP-BEATの中で一番最初にやったのは「VANITY」なんで、それは非常に印象深いですね。確か “UNDER THE SUN ツアー” の一曲目だったかな。

広石 : 覚えてねえよ(笑) “UNDER THE SUN ツアー” は毎回メニュー変えてたよ。毎回違うから照明さんに、「俺はどうすればいいんだ」って言われたツアーだからね。


liveikoze : ファンにしてみれば、そのほうが嬉しいですよね。

広石 : そう、そういうことを無理やりやってみたらスタッフに大不評だったっていうね。

liveikoze : セットリストは毎回広石さんが決めていたんですか?

広石 : そう、その日の朝とかに。

liveikoze : もう、無茶ぶりですね(笑)

広石 : そう無茶ぶり。そういうのがあってもいいじゃんとか思ってた時期なので。なんかどこも同じってつまんねぇじゃんて思ってたんですよ。無理やりやって周りの人は大変だったでしょうね。でも俺も大変だったんだけどね(笑)まぁあのツアー、いろんな所を観た人は全然違ってて面白かったと思いますよ。

liveikoze : UP-BEATトリビュートバンドでも、もっとライブをやってください。

広石 : 出来る限りね。でも少しずつ増えてはいるんだけどね。ただ今は全部自分達でやってるからなかなか難しいよね。プロモーターがいるわけでもないから。

liveikoze : 全部自分達でやっているんですか?

広石 : そう。やる場所探すところから始まって…

liveikoze : ブッキングからすべてを?

広石 : そう。やればやるほどお客さんが増えるということにつながるならあれだけど、そういう形には簡単にはならないじゃん。自分らでブッキングして、こんなのやるんだったらちょっとバラけるかなっていうところもあるしね。

liveikoze : 活動を知ってもらうにはライブをやることが大事ですもんね。

広石 : 知らない人に知らせる活動としてじゃあライブが有効かといったら、そんなに有効ではないと思います。ライブの本数打てばみんなが知ることになるかっていったら。だからそういう意味ではね...やっぱり考えながら。