LUNATIC FEST. 2日間に渡って繰り広げられた22組のアーティストによる"史上最狂"のステージを完全レポート。
liveikoze.com

liveikoze.com

liveikoze.com

liveikoze.com

liveikoze.com

liveikoze.com

liveikoze.com


【MUCC】
四つん這いのスカルが描かれたバックドロップが掲げられた MOON STAGE に MUCC が登場。集まったオーディエンスからの大歓声を浴びる。ライブはヘヴィーラウドな「睡蓮」でスタートした。エレクトロが融合したメロディックなそのナンバーは、オープニングからオーディエンスのハートを鷲掴みにしていく。そして盛り上がる会場に「ENDER ENDER」、D・f・D (Dreamer from Darkness) と、さらに激しいナンバーを投下。キレの良いリフで構成されたヘヴィーなパートと思わず口ずさみたくなるようなメロディアスなパートがバランス良く構成されているのが MUCC の持ち味なのだろう、オーディエンスもバンドと一体となって踊り、歌っている。途中、逹瑯が MC で「お前ら全員の顔を覚えて帰るかからなー!」とLUNA SEA リスペクトの発言をするが、「ステージに立ってみて、全員の顔を覚えるのは無理だとわかった。」と会場を和ませる場面も。最後は「 TONIGHT 」でオーディエンスと共に盛り上がり、一体感を感じさせるステージを観せた。


liveikoze.com

liveikoze.com

liveikoze.com

liveikoze.com

liveikoze.com

liveikoze.com

liveikoze.com

liveikoze.com


【[Alexandros]】
2日目の FATE STAGE 最後を飾るのは、今や飛ぶ鳥を落とす勢いでシーンを駆け上がっている[Alexandros]。赤く染まったステージに、大歓声で迎えられたメンバーは、「Burger Queen」から「Stimulator」、「Starrrrrrr」、「Kick&Spin」と立て続け全力でオーディエンスに向き合っていく。それに応えるように会場も大いに盛り上がっている。MCで川上(Vo. Gt.)が「LUNATIC FEST. 最高です!LUNA SEA のフェスってことを忘れて楽しんでます!」と、ハイテンションで伝え、その後、自身の LUNA SEA との出会いの経緯を赤裸々に話すと「Famous Day」、「ワタリドリ」とさらにオーディエンスと共に会場を盛り上げ、FATE STAGEのトリを見事に締めくくった。


liveikoze.com

liveikoze.com

liveikoze.com

liveikoze.com

liveikoze.com

liveikoze.com


【GLAY】
ステージが始まる前から MOON STAGE 前には多くのオーディエンスが詰めかけて彼らの登場を待ちわびていた。そしてモニターに GLAY の文字が掲げられると怒涛の悲鳴と歓声が湧き上がる。会場中に鳴り響く拍手と共にメンバーがステージに現れると、TERU(Vo.) が「OK!幕張行くぞー!」と叫び、TAKURO(Gt.) のギターから「HEAVY GAUGE」でライブはスタート。ヒット曲「誘惑」や「微熱 (A) girlサマー」といった誰もが楽しめるナンバーを連発していき、会場を大いに盛り上げると、MCで TERUは「みなさん元気でしょうか?参加できて嬉しいです!GLAYです!」と挨拶し、「実のところ昨日も会場に来て、ライブを観させてもらったんだけど、 YOSHIKIさんの涙はマズいよね…俺も大泣きしてしまいました。」と昨日の X JAPAN のステージの感想を述べる。そんな発言を聞かされると、GLAY も YOSHIKI から連なるエクスタシーの熱い絆で結ばれているんだということを、改めて実感させられるのであった。そして「20年前の曲になりますけど、LUNA SEA の影響を色濃く受けているような曲です。」と「月に祈る」を演奏、会場が大合唱した「口唇」を挟んで、HISASHI(Gt.)が「僕たち GLAY はデビュー21周年を迎えました。そんな僕らは東京に出てきて頑張っているときに一枚のCDに出逢いました。そのアルバムのタイトルは『LUNA SEA』。一瞬にして虜になりました。すごくコピーとかして…今日はそのアルバムから…こんな狂った夜に…エナメルの夜に。SUGIZOさんは今回のフェスの誘いに僕らのライブ会場に来てくれました。YOSHIKIさんは千葉のライブハウスまで来てくれました。僕らはそういった真っ直ぐで淀みのない先輩のレーベルからデビューできて本当によかったなと実感しています。最大の敬意を込めて、聴いてください」と。会場もあっと驚くLUNA SEA のカヴァー「SHADE」を披露。本日2回目の「SHADE」に会場のボルテージはマックスに。そのまま勢いは止まらずに、「彼女の“Modern…”」、「 TILL KINGDOM COME」と立て続けに連発し、「今回こうやって参加させてもらったのも、僕らのヒーローたちばっかなんですよ。高校時代、東京での。そんな僕らのヒーローたちに。これからも僕らもヒーローになりたいという思いも込めて、最後に一曲やりたいと思います。」と、ウォーオ!、ウォーオ!のコールから「HEROES 」をありったけの想いでぶつけた彼らのステージは、会場に感動をもたらしエンディングを迎えた。