ZIZ Közi & YUGAMI インタヴュー 。バンド結成からセカンドアルバム「NEIGHBORING CHAOSMOS」に至までを語る。
ZIZ


liveikoze : DJリミックスがあったりとか、要はZIZは素材みたいな感覚で、あとはどう色々なものと結び付けていくかみたいな感じですか?

Közi : ちゃんとした音源としては出していないけれど、MONICA URANGLASS がリミックスしたのもがあったよね。それはそのZIZのお披露目のファーストライブの時の対バンだったんですけど、MONICA URANGLASSとPLASTICZOOMSとで。その流れで地方ツアーも一緒に回ったりして。

YUGAMI:そのファイナルの特典で、MONICA URANGLASSの68クンがうちらの曲をリミックスして特典のCDとして出したんです。

Közi : ちなみにそのリミックスは、「Super Naked Disko」という曲があるんだけれど、かなりスーパーネイキッドディスコな感じで(笑)。

liveikoze : あの曲がさらにアッパーな感じで(笑)。

Közi :アッパーな感じになって(笑)。

YUGAMI:アッパーでガンダーラな感じ(笑)。

liveikoze : ガンダーラな感じがちょっとわからないですけど(笑)。

YUGAMI:なんかこう、バリみたいな感じになっていて(笑)。

liveikoze : あぁなるほど(笑)是非今度聴かせて下さい。では本題というかセカンドについてなんですが、どこまで聴いていいかわからないですけど、まずタイトルの意味なんですが。

Közi : ネイバリングカオスモス。そんな感じですよ。

liveikoze : カオスと無秩序。直訳すると“隣接する" という意味ですが。

Közi : そうですね。身近にあるというか隣にある、すぐ近くにある混沌な世界みたいな。

liveikoze : バンドのコンセプト的な感じですね。いろんなものがカオティックに存在してるみたいな。

Közi : そうそう。さっき話した「GIFT」の時と話しが重複しちゃうかもしれないけれど、今回のセカンドはメンバーそれぞれが持ち寄った曲が、更にゴッタ煮、闇鍋的カオスにアップグレードされた状態になったと思うんで。まぁ制作過程は大変でしたけどね…

YUGAMI : 大変でした(笑)。

liveikoze : どの辺りが?

Közi : 今回は本当、全体的に(笑)。

YUGAMI : 全体的に(笑)。