ROGUE 香川誠インタビュー。復活後、四半世紀ぶりにリリースしたNEW ALBUM 「REAL AGAIN」を語る。
今年2回目の開催となる 「 GBGB G-Beat Gig Box 」を主催するLLP信誠会のメンバーで、ROGUEのギタリストでもある香川誠に 「GBGB」とROGUE 再結成についての話を聞かせてもらった。 ※このインタビューは7月5日 に開催された「GBGB」当日におこなったものです。
liveikoze : まずROGUEの再結成についてお聞かせ下さい。

香川 : 僕の気まぐれで奥野(ROGUE Vo.)に電話して「一回だけやろうか」と言ってたんですけど直後に彼が事故にあってしまい…その時はもう無理だなと思っていました。その後に今回信誠会を立ち上げた関口が「奥野さんweb上で映像観ると歌ってるよ」って連絡をくれて。そのapバンクのライブを僕もたまたまTVで観ていて「何だ歌ってんだ」と思って。それで奥野に連絡を取ってみたら「出来るかも知れない」と言うので、じゃあROGUEを再結成して信誠会で福祉のことを協力出来るイベントを行おうということになったんです。

liveikoze : 信誠会が先だったのです?

香川 : 彼もあの状態なんで東京でライブが出来るとか、ツアーが出来るとかいうわけではないんです。だから大きな目的を作ってそこに出るということでROGUEを再結成しました。

liveikoze : それで福祉という目的ありきで第一回目のGBGBの流れが出来たんですね。

香川 : そうです。福祉ありきって、そんないい人じゃないんですけどね(笑)「イイコトしないと地獄に行くんじゃないの」とか言われていて(笑) じゃ、しょうがないからっていって信誠会をやりだしたんです。

liveikoze : その時、他のROGUEメンバーは?

香川 : 竜さんは群馬に居たし、西山は現役でヒムロックのツアーとか出ていて。そもそも僕だけがROGUEをやりたくないって言ってたんで。

liveikoze : 全然やる気はなかったんですか?

香川 : オレはもう再結成とか絶対したくなかったんです。渋谷で飲んでいる時に、本当に気まぐれで「奥野やってみる?」なんて電話をした後に彼が事故っちゃったものですから。これはもう縁がないんだなみたいに思って。そしたら彼が「歌いたいし、歌えるんだ」っていうから、じゃあっやろうかって感じで。

liveikoze : GBGB開催にあたって、特に苦労されたことはありますか?

香川 : いや、苦労といったら一杯あるんですけどん。僕らお金も何も無いですから。信誠会でやるっていったってスタッフ達は全員ボランティアなんです。ボランティアの人間を集めてやるってことは、運営も素人なんです。だからそこは本当に苦労しましたね。

liveikoze : イベンターとかは入っていないんですか?

香川 : イベンターは入ってないです。舞台、楽器、PAとかはROGUEの頃の先輩達にお願いしてプロの方々に来てもらっているのですが、運営とか仕切りは全部ボランティアでやっています。

liveikoze : 今回2回目の開催ですが、スタッフさんたちも若干慣れて来たのでは?

香川 : 去年よりは皆さんぜんぜん良いですね。みんな手弁当でやってくれているのですが、本当バカだなと思ってます(笑)。

liveikoze : いやいや本当に素晴らしいイベントだと思います。それにGBGBの理念に賛同しているお客さんがこんなにも集まっていますし。

香川 : そうですね、本当にありがたいことです。出演してくださるミュージシャンの人達も趣旨に賛同してくれていますし。

liveikoze : なんか群馬のロックパワーを感じますが。

香川 : なんかね(笑) 今日も沢山の人達が来てくれて、みんな喜んでくれているわけですよ。ここに来ている人達は、僕らのファンが中心でみんなお父さん、お母さんとかになっているわけで、フジロックやサマソニとかのロックフェスに行く世代じゃないんです。そういう人達に向けて、一度に沢山のアーティストを観れる機会をどう楽しんでもらえれば良いのか、前回はわからなかったんですが、今回何となくわかって…なんか自由に思い思い好きに楽しんでくれればいいかなって。

liveikoze : 今回この世代に向けての可能性をすごく感じたのですが。

香川 : そうだね、蓋をあけてみたら楽しみにしている人がけっこういたってことで(笑)だったら継続していけるように、僕と関口(LLP信誠会代表)で何年か回して後は後輩にあげてしまえと思っています。出演するバンドの世代もどっかで入れ替わっていくだろうしね。そして福祉車両を買うでも、バリアフリーの店を作るでも何でもいいんだけど、今後もそういう目的に収益を使えばいいかなって思っています。

liveikoze : 来年も開催するにあたって、アーティストの人選もミドル世代に向けた感じですか?

香川 : そうですね。前回の一回目を踏まえて、今回も様々なアーティストの方々に声をかけさせてもらいましたから。ツアースケジュール、レコーディングスケジュールとか他のイベントとのバッティングとかで出られないアーティストの方々も沢山いたのですが来年は必ず出ますと言ってくれているので。

liveikoze : 何か今後「GBGB」は凄いことになりそうですね。

香川 : うん。他に群馬だとグンマロックフェスとかがあるんだけど、あっちは若者向けなんでお客さんも被らないですしね。

liveikoze : まさにミドルエイジロックフェスですね(笑)。

香川 : そうそう。なんかけっこうそういうのも面白いかも知れないでしょ(笑)。

liveikoze : 最後に今後のROGUEの活動について教えてもらえますか。

香川 : これが終わって一段落したら秋ぐらいにはレコーディングをしてアルバムみたいなモノを出して、年明けぐらいにはちょっと頑張って東京でライブをやってみようかなと思っています。