ZIZ Közi & YUGAMI インタヴュー 。バンド結成からセカンドアルバム「NEIGHBORING CHAOSMOS」に至までを語る。
ZIZ


liveikoze : その時作った、ファーストに関しても聞かせてもらえますか。

YUGAMI:ファーストアルバムの「GIFT」の時はとりあえずみんなで曲を持ち合おうってことで、俺はみんなでセッションしたことなかったから、そこからスタート。コーちゃんと、チャージクンとはその前にセッションバンドで一回やったことがあったけど、曲をいきなり作ってという流れから始まってるからもう手探り状態でした。

liveikoze : ファーストはバラエティーに富んでいて、さっき話していたゴッタ煮感を凄く感じたんですけど。

Közi : そんな感じで出来たと思います。やっぱり今となってはもう過去の作品なんで、あの作品を作ってた当時はあれが全力だったから。「全力の状態で出しちゃったぜ!」っていう感じ。

liveikoze : ZIZからの挨拶状的な感じですね。その後に森岡賢さんとやったじゃないですか。あれはどういった経緯で?

Közi : あれはなんか面白いかなって。たぶんこちら側から話しをフったと思うんだけれど、ケンさんともちょいちょいライブイベントで絡んだり接触する場面があって、その中で「コラボとか楽しくないですか?」みたいな感じで話しをフったら、「いいですねー」っていう感じになって。これは面白いことになるぞっていうね。

liveikoze : ファーストアルバムの感じとはちょっと質感が違うと思うんですけど。完全にデジタルだなと。あの曲はKöziさんが?

Közi : 俺が骨組みを作って、データをケンさんに渡して、音色のチョイスとかはケンさん。それをケンさんが打ち込んでという。コラボですよね。非常に刺激的な体験でした。

liveikoze : コラボ形態でのLIVEは?

Közi : やりました。リリース直後に。

YUGAMI:それ以外にも地方にも、大阪とかにも行ったはず。

Közi : ケンさんソロとはちょいちょいやってますね。

liveikoze : ZIZとしてはいい経験になったという感じですか?

Közi : そうですね。ZIZとしてもまだ2年ちょっとぐらいで、まだ全然長くないんだけど、また違うところの人とコラボしてみたいなと思います。やっている僕らとしても違う要素がすごく刺激的だし。

liveikoze : 今度は超ラウドなバンドとコラボしたりとか、それはそれで面白いと思うんですが。

Közi : そうですね、うん。機会があればそういうことをやっても面白いと思いますね。