LUNATIC FEST. 2日間に渡って繰り広げられた22組のアーティストによる"史上最狂"のステージを完全レポート。
liveikoze.com

liveikoze.com

liveikoze.com

liveikoze.com

liveikoze.com


【DEAD END】
DIR EN GREY の狂気のステージを冷やすが如く「SHINE STAGE 」にはクールなギターの音色が漂っていた。それをMORRIE(Vo.) が遮り「I Want Your Love」で DEAD END のライブはスタート。癖のある独特な歌い回しで伸びやかに歌うMORRIEの圧倒的な存在感は未だに健在だ。MCで「こんばんは DEAD END です。こういう機会だしゲストを呼んでいます。SUGIZO!」とSUGIZO を紹介すると、「もう一人いるんですよ。RYUICHI クン!」と RYUICHIも呼び寄せる。「SUGIZO は DEAD END のトリヴュートでやってくれて、RYUICHI クンはソロでやってくれたんだよね。」と話し、RYUICHIが「SERAFINE です。」と応えると会場から大歓声が。そして SUGIZO はアコースティックギターで参加する形で「SERAFINE」を披露。MORRIE と RYUICHI が交互にハモりながら歌っていく。その貴重な光景にオーディエンスはみな魅せられていく。その後今後のライブ告知をし、 「用意はええか?いくでー!」と「 Dress Burning」、「Devil Sleep」を演奏し、数多くの後進バンドに影響を与えてきた伝説のバンドDEAD END は華麗なるステージをオーディエンスに見せつけ余韻を残しステージを後にした。


liveikoze.com

liveikoze.com

liveikoze.com

liveikoze.com

liveikoze.com

liveikoze.com


【X JAPAN】
「MOON STAGE」 には歓喜と興奮が満ち溢れていた。X JAPANの登場を待つオーディエンスからは手拍子と"エックスコール"が。ステージには青い照明が揺れ、荘厳なオープニングSE「Miracle」と共に、モニターには海外ツアーのダイジェスト映像が映し出されている。するとついにスポットライトに照らされ YOSHIKI (Dr. )がステージに登場。大歓声で迎えられる。続いて他のメンバーもステージに現れ、「JADE」からライブはスタート。火柱を上げたステージと同様に、会場の熱気は一気に頂点へ。そしてレーザービームが放たれ、爆発と共に「Rusty Nail」が。MCで TOSHI(Vo.)が「会いたかったぜルナフェス!、お前たちの大和魂を見せてみろ!」と言い放ち、YOSHIKI のピアノから「紅」を演奏すると会場は大きく縦揺れを起こす。その後、ニューアルバムのレコーディングを会場で行うというサプライズがあり、YOSHIKI のピアノに合わせて初めて聴く曲を、オーディエンスは大合唱する。MCで YOSHIKI はSUGIZOとの出会いの経緯などを話し、ファンとLUNA SEA に感謝を告げると思わず涙する場面も。そして名曲「 Endless Rain」を披露すると、またしても会場は大合唱が。一緒に歌いながら涙を流しているファンの姿も多く見受けられる。「 Born to be free」を挟んで、今夜最後のナンバーはもちろん「X」だ。「暴れん坊将軍で行けー!」とTOSHIが叫び、ほぼ全員がXジャンプをしている。まさに圧巻の光景とはこのことだろう。曲中のメンバー紹介では、 HIDEとTAIJIの名前も告げられ、モニターにはHIDEの映像が映し出される。最後は怒涛の煽りでオーディエンスを熱狂させ、「We are X」の大コールがいつまでも続く、熱いステージは幕を閉じた。


liveikoze.com

liveikoze.com

liveikoze.com

liveikoze.com


【LUNA SEA】
そして初日の大トリを飾るのはもちろんこの「LUNATIC FEST. 」の主催である LUNA SEA だ。会場は先ほどの X のライブの"熱"を引きずり最高の状態となっており LUNA SEA が現れるのを今か今かと待ちわびている。定刻を大幅に過ぎたころ、暗転し流れていたSEがプツっと途切れると大歓声の中メンバーが登場。オープニングは「LOVELESS」。ゆったりと歌うRYUICHI の横で SUGIZO はトリプルネックのギターを妖艶に奏でている。続く2曲目は特効の爆発と共に「Dejavu」。もちろんサビでは大合唱が巻き起こる。最初のMCで RYUICHI は「みんな今日はどうもありがとう!25周年を締めくくるイベント LUNATIC FEST. 今日、先輩、仲間達、そして後輩たち沢山のバンドが集まって、その全てが LUNA SEA と直結してる人達で、熱い思いでライブを見ました。今日はみんなの声を聞かせてもらいます!ネクストソング!」とSUGIZOのヘヴィーなリフから「 Rouge」、RYUICHI が天を指差し「JESUS」と続け、「 TONIGHT」のイントロでは"オイコール"が。曲中 INORA(Gt.)が RYUICHI の前に膝間づき、イントロのフレーズをギターでカッティングすると歓喜の声が上がる。「結構さ声、枯れちゃったんだけどさ、でもすげー楽しいよ。俺はさ、半歩でも前に進むからさ、だってみんなが愛してくれてるから。みんなも思いっきり楽しんでくれよ!今回ね本当に X JAPAN とか LADIES ROOM、TOKYO YANKEES とか沢山の先輩たちが出てくれて、まるでエクスタシーサミットを思いだすよね。そこに色んなバンドが入ってくれて、ロックの地層を見てるような、この何十年間を一気に見せるような。みんなと共に今夜は行きます!」と、切ないギターのイントロから始まる「gravity」。二人のギタリストの繊細な音色の絡みは狂おしく空間に響き渡り、曲終わりで SUGIZO はギターをかきむしるように鳴らし天を指差す。そして地を這うように畝るベースと重いリズムから「Sweetest Coma Again」、間奏でも J のベースは厳つく主張している。「みんなとキャッチボールした曲です。初めての人も知っていると思うから」と、ドラマの主題歌にもなった「 I for You」を RYUICHI の甘いヴォーカルで聴かせ、「フェスを初めてやって、気づかないうちに仲間と先輩、後輩ともなかなか会わなくなっちゃていて、でも久しぶりに楽屋に挨拶しに行くと、あの時のままなんだよね、このシーンを一緒に支えてきた仲間がこれだけいて、それがLUNATIC FEST.なんだって。本当に俺たち幸せです。」と語ると会場からは大きな拍手が。そして「本当は一緒にステージに出たかった仲間とかいて、今日は残念ながら来れなかったんだけど…いや、違うな、きっとこの会場に、ステージに来てくれていると思います。次の曲を捧げます。」と hide with Spread Beaver の「ピンクスパイダー」を。背後のモニターにはピンク色の髪の hide が現れ、サビのパートでは hide も一緒に歌っていた。「hide さんと一緒に歌う夢が叶いました、みんなありがとう。hideさんがライブを見に来てくれたのがきっかけで、YOSHIKI さんにも出会えたし、シーンの一つの柱を担わせてもらって、すげー幸せだったなって感謝してます。 」そして「LUNA SEA は雨バンドやめました」と宣言すると「嵐の中を思いっきり楽しんでください!」と「STORM」を。「もういっちょう行こうか!行くぞー!」と「TIME IS DEAD」を立て続けに繰り出し、最後は「 ROSIER」を披露し本編を終了させた。鳴り止まないアンコールに応えステージにメンバーが現れると RYUICHI は自分の髪をネタにして会場の笑いを取ると「今日はすごいメンバーがこの3つあるステージを温めてくれました。やっぱり皆さんにも出ていただきたいよね!お願いしまーす!」と言うと、出演したバンドのメンバーが続々とステージに登場する。「ここで X のメンバーも呼びたいな」と、 X 各メンバーの名前を会場のオーディエンスと共に一人づつコールしていく。HEATH、PATA、TOSHIと続け、最後にYOSHIKI を呼ぶと、hideが愛用していた本物の"イエローハート"のギターを抱え登場。その姿に会場からも大歓声が上がる。そして RYUICHI は「じゃあ、今日は無理言って俺たちのナンバーをやってもらいます!」と「 PRECIOUS…」を出演者みんなでセッションすると、今夜一番の盛り上がりに。その後出演者はステージを後にするが、泥酔したLADIES ROOM の GEORGE はそのまま残り、暴走トークを繰り広げ会場を違った意味で盛り上げる。そして最後にLUNA SEA に感謝の言葉を述べ、ステージを後に。最後に「忘れられない曲にしよう、幕張メッセ!お前らみんなかかってこい!」と鉄板曲である「WISH 」を会場と一体になって演奏し、10時間以上に及ぶイベント初日は無事終了した。