up-beat tribute band 独占インタビュー。活動再開からアルバム、そして結成30周年について当時のことを赤裸々に語る。
up-beat tribute band



liveikoze : それでは、アルバムについてはここ最近の事ですか。

広石 : 2回ツアーを回って、今のメンバーでの演奏がすごく良くて。ライブ中に盛り上がることも多くてね。これを記録したいと思うようになって。それでちょうど30周年という良い節目でもあるからアルバムを作りたいなっていう感じに。だから作ることを目的に動いてたわけじゃなくて、今やってるこのトリビュートのメンバーとやってるものがすごく素晴らしかったから作ることになったっていう感じですね。

liveikoze : そこはやっぱりUP-BEATトリビュートっていう名前でってことで。

広石 : やっぱりUP-BEATではないからね。UP-BEATの元メンバーに僕は敬意を表してるから。3人もいないのに、そのままの名前で再結成みたいのは無理だっていうことで。その当時のUP-BEATしか認めない人はその当時のUP-BEATを聴いてもらえればいいですし。僕らは今のトリビュートバンドのサウンドが絶対であると思ってるしね。今回UP-BEATでは成し得なかった、基本的にほとんど一発録り形式でやってるんだけどリズム隊なんか2回しかやらないからね。サウンドチェックしてじゃあ本番やりましょう。本気で録りましょうって言って。それでハイOKみたいな。これは当時のUP-BEATでは出来なかったレコーディング方法だから。

liveikoze : そこはお互いのキャリアがものをいってるということですか?

広石 : そうそうキャリア。皆とっても上手になってるし、このバンドの面子も素晴らしいし。ものすごい勢いで録れてる。うん。

liveikoze : 製作期間は結構短いのですか?

広石 : 短いよ。それでいて今回のアルバムには絶対入りきらないくらい録ってる。

liveikoze : そうなんですか。

広石 : うん。あの74分の中にどれぐらい入るかわかんないから。

liveikoze : じゃあまだ全然未定なんですか。

広石 : うん、未定。

水江 : 録れるだけ録ったって状況が今。だからミックスがまだ上がってないね。

広石 : UP-BEAT自体歴史が長いから一枚にすることは出来なくて、まずはとりあえず一枚ということで水江が脱退する5枚目「UNDER THE SUN」までのモノを記録したって感じです。


liveikoze : 新曲は作らなかったんですか?

広石 : 未発表曲を入れようかって話しもあったんだけど、なぜ未発表だったかというと、たいした曲じゃないから(笑)それ入れてもしょうがないだろうって。

水江 : (笑)

広石 : 発売日が11月11日で、ファーストルバムの「IMAGE」が出てちょうど28年位かなぁ。


liveikoze : 「IMAGE」いいですよね、大好きです。個人的には「HERMIT COMPLEX」が一番ですけど。

広石 : まぁそうなるよね。あまりいないよね、あんなの作る人は。あそこまでいくのは大変でしたけどね。