Z.O.A 復活独占インタビュー。主要メンバーが語る。
Z.O.A



liveikoze : 当時トランス系という括りで語られていましたが、そう言われていたことについてはどう思っていたのですか?

森川 : 当時はもうそれで良かったし、トランスからリリースしたかったし。当時はトランスとか、有頂天のナゴムとか、もっと大まかな分かりやすいものしかなくて、そこに興味を持った人が集まるというシーンだったと思う。今はもっと細分化しているから、そういうシーンはもう生まれないような気がする。東京ロッカーズもそうだったと思うし、まだそういうものがアンダーグラウンドの音楽シーン中にあった時代に、辛うじて僕なんかもいられたっていうのは、今に至ってはすごい財産だったのかなと思います。

liveikoze : 良い時代でした。あの時代の独特な雰囲気って今のライブハウスとかには無いですからね。

森川 : その頃は、ライヴハウスに足を運ばないと面白いバンドも良いバンドも見つけられなかった。見つけるのが難しい。今はYoutubeで判断されてしまったりもするので。それが良いのか悪いのかはともかく、時代的なものとしてね。

liveikoze : あの当時と今の音楽シーンとの違いについて何か感じることはありますか?

森川 : 当時はまず圧倒的に情報も少ないし、音楽の好きな人が情報を一生懸命求めるというのがシーンやバンドにもあったと思う。今が悪いという訳ではないですけれど。そういうところの情報をせっせと集めて、実際にライヴを観に行くというプロセスがあって。実際に観るまでは解らないのが楽しかった。今はライヴに足を運んでもらうのが昔に比べたら難しくなってると思う。Youtubeで満足かも知れない。でもやる側としては会場に来てもらいたい訳だし。そのような現状を切に感じます。

藤掛 : やる側としては変わらずやっているわけで、ライヴに来てくれれば分かるということは揺るぎないのでね。媒体や技術の進歩というのは関係ないということにみんなが気が付けばいいことなんですよ。一つの価値というのはやる側でそこまで考えたってしょうがないと。あとは自分らで価値を付けられるから、変わらず凄い思いでやってる訳ですよ。

森川 : やりたくなかったらやらないものね。

藤掛 : それがどう受け取られようとはっきりいってどうでも良いんですよ。それは時代というのがあるんだけれど、そこをこちら側が掴むわけではないというか。商業的にいいやり方もあるんだろうけれど、そんなの考えてもしょうがない。

森川 : 週に18時間近くスタジオに入って、バイトもままならず、音楽漬けで何年もやっていて、本当にもうやりたくないなと思ったときもあったかもしれないし、メンバー間もなにか妙に距離が出来たりとか。それは昔の話だけど、そういうことがあって今の僕もあるのだけど、そういう経験があったというのは良かったなと、今になっては思える。当時は嫌だったけど…。そんなスケジュールでスタジオ入って、ライヴは決まっている、ドラマーは決まってないけれど既にライヴ、ツアー、リリースが決まっている、そういう中でバンドを維持するために、ものすごくやりくりをして、とても辛い時期もあった。

liveikoze : 今は辛い気持ちはないんですか?

森川 : 今は辛いなんて全然ないですよ。今はやりたい人としか僕はやらないから。やりたくない人とはやれない。

liveikoze : それは一度休止した期間があったからですか?

森川:「血と雫」を始めるにあたっての切っ掛けというのがまずそこにあって、この人とだったらバンドをやろうと思っていて。そういう関係性のバンドをやりたかったので、自分がバンドをやりたいからメンバーを探すのではなく、この人とこの人だったら、バンドをやりたいと思える動機から始められたのは、すごく幸せです。だから今回も誰か弾ける人を呼んで、取り敢えず楽曲を弾いてもらうようなことは念頭には全くなくて。篠原くんがもうベースを弾いていなくてもいいから、篠原くんに弾いてもらおうと。単に弾ける人、単に叩ける人とやるよりも、反応出来る人とやった方が絶対。簡単な練習では身につかないから。

liveikoze : 今回はそういう人達なんですね。

森川 : 苦楽を共にした人達なんで(笑)。

篠原 : なんか重たいじゃない、なんか(笑)。

一同 : (笑)。

森川 : いや、特に言葉で説明しなくてもみんな割と理解している人達なんで(笑)。

黒木 : 少々目をつぶってくれるのかって?(笑)。

藤掛 : でもPAZZさんが一番問題児だよね、絶対。

黒木 : それはもう本当に。

森川:でもバンドをカーブさせたのはPAZZさん入ってからだよね。

黒木 : それは本当ものすごく感じる。

森川 : それはみんな影響受けたと思う。こういうやり方もあるんだみたいな。

黒木 : 個人的にスキルも飛躍的に。

liveikoze : そうやって刺激し合って上がるということはありますよね。

藤掛 : 普通にやってくれないんだよね、あの人はね(笑)。

黒木 : 何にもいうこと聞いてくれないですし(笑)。

森川:今でこそ、そういうことしたら、こっちもこういう反応するという楽しみ方っていうのが、自分なりにはちょっとは分かっているつもりなんですけど、当時はそういう経験がなかったから、そういうことされたら、「オイオイ何してんだ?」みたいな(笑)。だからそれがもう新鮮で面白かったよね。