up-beat tribute band 独占インタビュー。活動再開からアルバム、そして結成30周年について当時のことを赤裸々に語る。
up-beat tribute band


liveikoze : 今後の展開をお聞きしたいのですが。

広石 : やっぱり今僕らがやっていて一番大事なのは自分達が楽しいかなのよ。それしかないから楽しくないことはやる必要ないし。ただもうこの年代になってきたら一応その節目があるから、節目で何かしようかなと考えてはいるけど。

liveikoze : 自分達の気持ちに重点をおいて活動をしていくということですね。

広石 : 絶対に続けるとも思ってもないし。

liveikoze : ある日突然やめたとなるかもしれないと。

広石 : 存在自体が楽しいものであってほしいしね。集まってやったら楽しいねっていうのをいつまでも続けたいから。ガチガチに固めて計画通りに動くとかっていうのは楽しいことじゃないから。

liveikoze : ファン的には続けてもらって、新しいアルバムを作って欲しいと思っていると思うのですが。

広石 : トリビュートを最初始めたときにね、これって自分たちのセルフカバーじゃん。で、だんだん後期に向かっていってるんだけど、あとやってないのって「NAKED」っていう最後のアルバムだけなんだけど、それやったら解散だよってよく言うんだけどね(笑)

liveikoze : トリビュートも解散なんですか?

広石 : そうそう(笑)そこまでいったら終わりみたいな。「いやー」ってみんないうけどね。

liveikoze : 逆にいったらそこから新しいUP-BEATがまた始まるのではないですか?

広石 : うーん、どうなんだろね。

liveikoze : トリビュートが取れてとか。

広石 : 戻れって言われた逆に。また(笑)

liveikoze : 最初からもう一回ですか?もう素晴らしいアルバムができてるわけですから(笑)

広石 : そうだね、UP-BEATの30周年記念アルバムでもあるけど、今回のアルバムはトリビュートバンドのファーストアルバムだからね。