Z.O.A 復活独占インタビュー。主要メンバーが語る。
Z.O.A



liveikoze : 今回のライヴは、もろ中期の Z.O.A ですね。

森川 : もろ中期!もろ!

藤掛 : 一番難しい感じ。俺じゃなくて良かった~!って(笑)。

森川 : 死ぬかと思ったよ、今日のリハ(笑)。

藤掛:PAZZちゃんがまた本当に難しいドラム叩くからねー。それが本当に凄いところで。

森川 : 笑いながら悪魔のようなことするからね。

liveikoze : 中期の Z.O.A をやるのであれば、このメンバーでしかないと。

森川 : その頃の楽曲をやるのだったら演奏できるメンバーは限られてしまうから。今こうしてまた集まれたのはすごく幸せですけれど、あとは、やはり当時リアルタイムで観ていたお客さんや、後から僕たちを知って興味を持ってくれた人なども中にはいると思うので、そういう人達も含めて今回足を運んでライヴを観てもらえたらいいなと思う。例えば今僕は、「血と雫」というバンドで活動してますけれども、ライヴに足を運ばなくなってしまった人たちも、今回やることによって久しぶりにライヴに来て、ライヴ会場を見て、「またライヴを観に行きたいな」という風に思ってもらえたらいいなとも思っています。

liveikoze : 正に「ライブイコーゼ」、ですね、それは(笑)。

森川 : あ、そうですね(笑)。

liveikoze : 森川さんはコンスタントにライヴをやっていますが、Z.O.A から「血と雫」への関連性みたいなものは?

森川 : 内省的な部分で、 Z.O.A というものが僕の中では今も生きていて、「血と雫」の楽曲のヴォーカルスタイルは全く違うのですけれど、精神は同じというか、アプローチしたいものというか…。例えばこのバンドが終わったから、今度はこのようなバンドを始めると言った切り替えというのはないんです。僕としては常に同じベクトルで動いているものの中に入っているので。だから現在の「血と雫」、その前のソロ、その前の後期の Z.O.A、今度やる中期の Z.O.A というのは個人の内省的な部分ではちゃんと線で繋がっているというか。

黒木 : そこは間違いなくて、出会ってもう30年ぐらいになるんですけど、本当にまだ音楽の表現の仕方もわからないぐらいの、でも何かを打ち出そうとしていた時の彼から知っているけど、今もずっと森川誠一郎なんですよね、この人は。ぶれていないという。

liveikoze : わかる気がします。では、そんな今の森川さんを形成した Z.O.A 結成時にあったヴィジョンとは?

森川 : その頃は10代だったので、本当に音楽の右も左も分からないまま音楽を始めてしまったので。ただ単にエネルギーをひたすら放出するだけというか(笑)。

黒木 : 湧き上がる衝動があったんだよね。

森川 : 極端な話し、楽器も誰も弾けないみたいな状態でしたから。

liveikoze : ある意味精神がパンクですね。

森川 : そうです。もうエネルギーと勢いでしかない。

黒木 : そういうことです。もう、ワンステージで死んじゃうんじゃねーかぐらいの。

森川 : 2回骨折したしね(笑)。

黒木 : 凄まじかったなー。

liveikoze : 今回こうやってメンバーが再び集まって、今後も Z.O.A としての活動をやって行こうかという気持ちはありますか?

森川 : いや、そういう邪な気持ちは全くなくて。

一同 : 邪な…(笑)。

森川 : ちょっと変だった?(笑)。

liveikoze : 今日久しぶりにリハに入られて手応えはいかがでしたか?

森川 : 死ぬかと思いました(笑)今後やってもいいかというのは置いておいて、やはり元々分かったメンバーでやっているから、さっきも藤掛さんが言っていたけれど、皆ブランクなんか全然関係なくて、音が出た途端にもう僕は「うわー!コレやばいなー!」って感じで。なにかもう、僕の方が今も活動しているとはいえ、皆にに負けちゃうくらいのエネルギーの塊を感じました、今日は。

liveikoze : 本当にライヴが楽しみなんですけど、それが一回だけとはもったいないと思ってしまいますが。

森川:でも AUTO-MOD の35周年だから出演するわけで、例えば他のイベントに声を掛けられても出演不可能だと思う。

liveikoze : その時一回でやりきるということですね。

森川 : 毎回ライヴはそうだった。後先のことを考えずにその場その場でやりきっていたから。

黒木 : だから疲れちゃったのかもしれないね(笑)。

一同 : (笑)。

森川 : 本当に今回のことしか考えてないです。

liveikoze : ライヴ音源として残したりとかはしないのですか?もうライブは SOLD OUT していますし。今回観られしない人も沢山いると思うのですが。

森川 : そうですね。2週間で SOLD OUT だったかな。でもそれはイベント性もあるし他の出演バンドもあるから、僕らだけの力ではないと思いますけど。