ORIENTAL BOUNDS  結成からサードアルバム『THREE BOUND』まで、大矢と馬場が語る

liveikoze : お二人の影響を受けたミュージシャンやバンドを教えてもらえますか。

馬場 : 中学生の時、周りの友達が流行っていたKISSとかを聴いていて、そんな感じの物を聴いていていたんです。ビートルズ、ローリングストーンズ、レッドツェッペリンを聴き…そこで止まっちゃったとこがあって…時代的にもポップだと思うんですよ日本の歌謡曲もそうだし。結局ポップな所に強く惹かれる所があって、そこで止まってしまった感が強いですね。でも新しい物を聴かないわけではないんですけどね。

大矢 : 小学校の頃に友達の兄貴がエレキギターを持っていて、Charを弾いていたんです。それを見てロックを演りたいというかバンド演りたいなと思い。それが切っ掛けですね。それから色々聴いたんですけど、十代の頃はギターが二本絡むストーンズやフェイセスのような感じのアマチュアバンドのライブに毎日通っていて、その辺に影響を受けました。やっぱりストーンズやフェイセスが好きだったので。よく行ってたのは新宿ACBです。その当時観ていたバンドでは、ZIGGYでギターを弾いていた松尾宗仁さんに憧れていました。その当時はZIGGYではなかったですが。


liveikoze : 影響を受けたアルバムを教えて下さい。

大矢 : その当時いろんな物を聴いていたけど、強いて上げるとすれば、ローリングストーンズの「 Black And Blue」というアルバムですね。

馬場 : 僕はフェイセスの「ウマの耳に念仏」。中学校の時に聴いて、「あーこれだ!」と思いました。そのアルバムの影響がとても大きいです。


liveikoze : 最近気になるバンドとかはありますか?

馬場 : 昔の人とかで、まだまだ知らない物が山ほどあるのでそこを聴かないと。年も年なんで(笑)やっぱりカッコイイと思う物を凄く聴いておきたい。今はそういう感じです。

大矢 : マサと一緒ですね。基本的に色々な国内外のアーティストの作品を買って聴くというタイプではないので。マサから「良い物があるぜ」といって録ってもらって聴いたりしてます。それに関しては悪いと思った物はないですね。

馬場 : 渡す前に結構オーディションにかけているので(笑)

大矢 : でもそれは深く考えると「侑史、こういう所をアプローチしたらどう?」と、もしかしたら言われているみたいな所もあるんじゃないのかと思いつつ(笑)でも「聴いてみなよ」と渡されたアーティストに関しては凄く良いんで。

馬場 : でも単純に買って、盛り上がって、渡しちゃうみたいのが多いですけどね(笑)


liveikoze : たまにはハズしたりすることもありますよね?

大矢 : 凄いことに無いんですよこれが。