THE PRIVATES 延原達治インタビュー。30周年記念アルバム「Les beat hi-fi mono」全曲解説。
結成30周年を迎え記念アルバム「Les beat hi-fi mono」をリリースした THE PRIVATES のヴォーカリスト延原達治のインタビュー。アルバムの全曲解説はもちろん、バンド30周年について自身の思いなどを熱く語ってもらった。カバーアルバムの解説における彼のロックンロールに対する愛情を感じて欲しい。
liveikoze : 30周年を迎えた感想を聞かせてください。

延原 : 感想ねえ…嬉しいけど30周年目指してやってきたわけではないので、30年目を通過中という感じかな。でも、そのおかげで色々なことが動き出してる。

liveikoze : 結構アルバムリリースの期間が空いていると思いますが、あえて30周年のタイミングを狙ってリリースしたのですか?

延原 : そう、それはあるね。3、4年前から毎年ツアーが終わったら「今年はアルバム作る」といいながら伸ばし伸ばしになっていたんだけど、「来年は30周年イヤーになるからアルバムも出して、記念ライブをする。きちんと組み立てていこう」ということになりまして。

liveikoze : 今回メジャーレーベルのワーナーさんからリリースするというのはその流れの中で決まったのですか?

延原 : そうそう。

liveikoze : 30周年記念アルバムではプライベーツの集大成的な物を見せようとか思いましたか?

延原 : そんなにないかな。オリジナルアルバムの方は割とバンドのテンションで曲を作って新しいアルバムを作る感じ。もう一枚のカバーディスクはスペシャルな企画でアニバーサリーセッションって感じかな。

liveikoze : この企画は前々から考えていたのですか?

延原 : 今回のアルバムを作ろうとスタートしたところからです。当初アルバムに「カバーを1、2曲入れるのはどうだろう?」ということからだんだん話しが膨らんでいき、「じゃあ、ボーナスみたいにしてディスクを分ける?」ってなってね。そして「ディスクを分けるなら5曲ぐらいにする?」とかって話になり、ゲストが呼べる雰囲気もあったから、じゃあがっちりディスク1、ディスク2になるぐらいのボリュームで選曲して、ゲストも一緒にやりたい人を呼んでやろうということになりました。

liveikoze : ゲストは延原さんのリクエストで呼んだ感じですか?この曲はこの人という感じで?

延原 : そう。曲をピックアップして、これを誰とやったら楽しそうとか、いいんじゃないかとか考えて、連絡して。

liveikoze : 結構渋いゲストのセレクトですよね。聞かせてもらって、ハマりいいじゃんって思いました。

延原 : ね、カッコいいよね。(笑)

liveikoze : 音とかに関して、バンドで作っているときに意識していることってありますか?

延原 : 音は前作も一緒にやった Mr.PANとなんだけど、今度こういうレコードにしようとかって話しはレコーディングをしていない間とかもショーネン(Gt.手塚) を入れて3人でちょいちょい話しをしてたからね。急に今日からレコーディングでどうこうっていう方針を打ち立ててっていうのはなくて。その辺はわかり合ってるからね。Mr.PANのサウンドも分かっているからスーっと入っていった感じ。

liveikoze : 曲はライブで作り込んでいくって感じですか?

延原 : いや、ステージでやり始める曲もあるけど、あくまでレコーディングメインで。基本的に毎回レコーディンクではいい演奏を残したいっていう感じ。バンドの性かな。

liveikoze : 曲は出来たものをやるって感じなんですか?

延原 : わりとそう。だけど例えば10曲だったら、飛ばして踊れる「俺たちカッコいいだろ」って曲もあれば、恋人と車の中で聴きたい甘い曲とかもあるみたいな。

liveikoze : 配信シングルの第一弾が「ONE MORE TIME」、第二弾が「キッスを、もう一度」でしたが、リリースの選曲は最初から決めていたのですか?

延原 : 最初の配信の曲を決めるって話しになったんだけど、ワーナーのスタッフに「ロックなサウンドをお願いします」、ロックを求めているんだっていわれてね。ロックを求めてるって全部ロックなんだけど(笑)みたいな感覚で…じゃあどうしようってなったときに、キーボードの吉田が「ONE MORE TIMEがいいよ!」って言い出して。俺達的には、とにかくこの曲をっていうのがあったわけではなかったんで、どれ切ってもいいけどね、じゃあそれでって感じで。「キッスを、もう一度」は一曲目が激しかったから、少し可愛い曲がいいんじゃない?ってバンドで話していて。スタッフとミーティングした時に俺達的にはこういう思いもあるけどって話したら「僕らもそう思ってました!ライブで聴いてあの曲がいいと思ってたんで」っていう感じだったので、じゃあ決まりだねって。

liveikoze : アナログ盤でいうB面的な感覚ですか?

延原 : ってわけでもないんだけどね。自分たち的には、まあ夏だったしさ(笑)季節的にもいいし可愛い曲って感じで。「リメンバー」は録り終わった後も凄く気に入ってるし、スタジオで作業してたMr.PANにどの曲がいいって聞いたら、「リメンバー」がいいと。スタッフのみんなにも聞いたら「リメンバー」いいねって。みんながいいっていう曲は本当は良くないのかもしれないと思ったりしながらも、でもまあいいね、じゃあ、これを是非と。(笑)