ROGUE 7月5日『 GBGB ' G-Beat Gig Box '』ヤマダグリーンドーム前橋
レポート 2014-07-27

「本当の意味での障がい者と健常者のバリアフリーを目指して」という高い志を掲げ昨年に引き続き開催されたイベント『 GBGB 』。今年も会場には多くの障がいを持ったお客さんや、車いすのお客さんがライブを楽しみに来場している。

横浜銀蝿の翔、ex.THE VENUSのCONNY、THE COOLSの村山一海が結成した"BONDS OF ROCK'NROLL"の熱いステージが終わり、15分の転換を挟んで、会場中すべてのオーディエンスが待ち望んでいる"ROGUE"のステージが始まろうとしていた。

照明が落ち歓声がドーム状の会場を包み込むと、光に照らし出された三人のメンバーの姿がステージに。続いて車いすに乗りながらVo.の奥野が登場する。一曲目は奥野の歌から始まる「 LIKE A MOON 」だ。既に総立ちのオーディエンスは手を振り上げながらバンドと共に、この名曲を歌っている。「世界で一番愛している君のために歌を唄おう」というサビパートでの大合唱は圧巻だ。そして奥野が満面の笑顔で "やっと会えたなー!" とオーディエンスに応え二曲目の「 GOOD TIMES 」。オーディエンスは一曲目と同様に一体となって歌い続けている。懐古的な歌詞のこの曲に、自分達の “あの頃” を重ね合わせているのだろう。感極まって目に涙を浮かべている人達も少なくない。ステージ上で奥野は、車いすながら、スイスイと機敏に動き回ってオーディエンスを煽っていく。そしてこのメンバーで新曲がやれて嬉しいと「 中年よ大使を抱け 」を披露。続きノリノリのダンスナンバー「 DANCE DANCE 」。会場は "Dance dance Dance, Dance dance Dance" に合わせ、決して若くない年齢層のオーディエンス達が、当時のライブと同様に飛び跳ねまくっている。"一滴も汗をかけない体なので、袖にいって汗かいてきます" と奥野がバックステージに下がると、香川が「GBGB」についての感謝を告げる。奥野がステージに戻ってくると "懐かしい曲をやります" と話し「 SHIP OF COMPLEX 」。奥野の歌うこのスローなナンバーは会場を優しさで包み込んでいく。"とびっきりなメンバーを紹介して最後の一曲になります" と奥野がいうと会場からは残念がるオーディエンスからの大コールが。すると "まだアンコールがあるのわかってるだろ" と茶目っ気たっぷりに対応し、会場は笑いに包まれる " 西山はまだだけど、オレたち51歳なんだ。伊能忠敬って知ってるか?あの人51歳になってから測量を始めたらしいよ。だからまだまだ、という事なんだよ。死ぬまで出来るってこと" と自らにも言い聞かせるかのように語り、メンバーを紹介していく。最初にドラムの深沢が紹介されドラムを叩き始めると、最後の曲が何なのかオーディエンスはすぐに理解したようで会場の興奮はマックス状態に。ベースの西山、ギーターの香川が順に音色を添えていき、最後に奥野の "マイハニー" のコールで、みんなお待ちかねの曲「 MY HONEY 」が。ギターとベースのアンサンブルに合わせ、笑みを絶やさず楽しそうに動き回る奥野。繰り返される "マイハニー" のコール。そして大歓声の中で本編は終了した。アンコールがなり続く中 "ヤッホー" と言いながら登場した奥野は "車いすなんてチョロいもんだよ、みんなも良い汗かいてんね、結構酒も入ってんじゃねーの" とMCで会場を沸かせ、"また次の曲も久々だ。4人で合わせるのもね" と「 BOYS, BE AMBITIOUS 」を特徴ある裏声を交えオーディエンスと共に歌う。中盤で演った新曲の「中年よ大使を抱け」はこの曲への自身たちからのアンサーソングなのだろう。演奏が終わり奥野が "感無量" と言い放つと、香川が "あなたの同士ですよ" と来場した障害者の方々を紹介する。すると奥野は "希望を持て、がんばっていこーぜ!" とエールを送り、"あなたたちに捧げます、みんなに捧げます、今日来てくれた素晴らしいミュージシャンにも捧げます、GBGBにも捧げます、それと日本にも、世界にも捧げます。終わりのない歌" と最後の演奏曲を紹介すると香川のあの印象的なギターフレーズが会場に響き渡る。"終わりのない歌が聞こえる…." と歌う奥野にオーディエンスも様々な思いでこの曲を聴き入っている様子だ。そんな光景を目の当たりにすると、名曲は本当に色褪せないのだという事を思わさせられる。鳴り止まない拍手と歓声、感傷的な空気に会場は包まれアンコールは終了。最後にメンバー四人で手を繋ぎ、始終笑顔で奥野は "来年も会おうぜ、みんなに会いたい" と言ってステージを後にした。
こう書くと不謹慎かもしれないが、奥野が言ったように、ハンディキャップなんて、実はたいした事ではないのかも知れないと思わされてしまった。重要なのは自分自身の考え方や、気持ち次第なのではないだろうかと。すべての人が、多かれ少なかれ様々な問題を抱えて生きているわけだから。そんな大切な事を考えさせられた素晴らしいライブだった。
最後にこのイベントのために無償で集まったボランティアスタッフの方々に尊敬と感謝を送りたい。

文=R HIRAKAWA 写真=K FUJISAWA

※『 GBGB ' G-Beat Gig Box '』の模様は特集ページにも後日掲載予定です。ご期待下さい!



























































ROGUE 7月5日『 GBGB ' G-Beat Gig Box '』ヤマダグリーンドーム前橋

01. LIKE A MOON
02. GOOD TIMES
03. 中年よ大使を抱け
04. DANCE DANCE
05. SHIP OF COMPLEX
06. MY HONEY

en
07. BOYS, BE AMBITIOUS
08. 終わりのない歌