アレルギー『 ART CORE PUNK 宣言 』10月12日 高円寺HIGH
レポート 2015-01-22
この夜の高円寺HIGHは、80年代にタイムスリップしていた。
海外からニューウェイブの波が日本のロックシーンに浸透し始めた、80年代あの当時を思い起こさせるような共演、もうあり得ないと思われていた 異端極める ”Sadie sads” と ”アレルギー”の2マンライブが観られるのだから。もちろん会場はソールドアウトの超満員状態だ。始まる前から酸素が少し薄い気がする。

最初に演奏した Sadie sads は、当時と同じ金属的でノイジーな音色で、民族音楽を独自解釈したオルタナティブ・ファンクビートと呼ばれる音楽性を、さらにスケールアップさせた圧巻のステージを観せてくれた。またヴォーカル "SAD" のジョン・ライドンを彷彿させるパフォーマンスには目を見張るものがあった。

熱気が少しクールダウンした頃、赤い照明に照らされたステージに『ゴジラ』のテーマ曲が不穏に流れ始めると、そのSEを背にメンバーが現れる。フロントマンの宙也は中性的な雰囲気の全身黒い衣装を身に纏い、アップした髪に黒いアイメイクで登場。そしてSEが終わった刹那、宙也が突然叫び声を上げるとベースの中西智子が徐にフレーズを弾き始め『笑う土』でライブはスタートする。淡々と繰り返されるベースラインに、地の鼓動を表現するかのような荒木のドラム、そしてフリーキーで直感的な幸也のギターが重なり合い最初の楽曲が形成されていく。その過程に魅了されたオーディエンスは徐々にアレルギーの異空間に引き込まれていくようだ。

2曲目は軽快なドラムのビートから疾走感溢れる『Our Time』、続く『Automata』は金属的で硬質なギターカッティングが特徴的な曲だ。その後、空間を漂うディレイの掛かったギターリフと、重厚なビートが繰り返されるカオスの中で、エキセントリックに宙也が歌う『Double Think~二重思考』、背面のスクーリーンに映し出されるバタフライとスカルがシンクロして各々のイマジネーションを刺激する『J.B.の夢』とミドルテンポの曲を続けて演奏した。

MCで「Sadie sads と30年ぶりに共演出来て幸せです。この日が楽しみで楽しみでしかたなかったです。」と宙也は話し、30年ぶりにリリースされるニューアルバムからの新曲『不知火』、『Eos~暁の女神』を披露。両曲とも今回の新録アルバムのために制作された新曲だが、既存の曲とも違和感なく融和し、まるで過去の作品かと思わせるほどバンドに馴染んでいた。
その演奏された『不知火』で宙也は、跪き天を仰ぐように祈りを捧げる意味深なパフォーマンスを行っている。その行為には何かの意味が込められているのだろう。それがとても気になるところだ。

その後ステージでは、グルーヴィーで変則的にリズムが変わる『行方不明』、不安を煽るようなベースラインから始まる『嘔吐』が演奏され、『不安なアタマ』では鴉の映像が繰り返し映し出され、映像とサウンドとが奇妙にシンクロし、アレルギーが持つアバンギャルドな世界観が見事に表現されているのを、もの凄く感じさせられた。

そして続くMCで宙也は「ダンスは規制されても闇の中で踊りましょう」と問題になっている"風営法"に関する皮肉をオーディエンスに伝えると、スピーディでパンキッシュナンバー『Plastic Toy』を、そして「全ての暴力を否定します」と、さらに自らの主張を発信し『Doll Or Man』を羽織っていたメッシュの黒いストールを脱ぎ捨て、狂おしく歌い上げ本編は終了した。

興奮で鳴り止まない拍手の中、ステージにメンバーが現れると「折角なんで新生アレルギーのメンバー紹介をします」と一人ずつメンバーを紹介し「日本の有名なパンクロックを」と、性急なビートに乗り、痙攣し引きつったように『Tokyoフラストレーション』を吐き出し、アンコールの最後はきらびやかにミラーボールが回る中「天に届きますように」と、前を見据え、胸に手を当て、U子に捧げるかのように『El Dorado』を熱唱し、ステージはエンディングを迎えた。

アレルギー

アレルギー

アレルギー

アレルギー

アレルギー

アレルギー

アレルギー

アレルギー

アレルギー

アレルギー

アレルギー

アレルギー

アレルギー

アレルギー

アレルギー

アレルギー

アレルギー

アレルギー

アレルギー

アレルギー

アレルギー

アレルギー

アレルギー
文=R HIRAKAWA 写真=K FUJISAWA


アレルギー『 ART CORE PUNK 宣言 』
10月12日 高円寺HIGH

01. 笑う土
02. Our Time
03. Automata
04. Double Think~二重思考
05. J.B.の夢
06. 不知火
07. Eos~暁の女神
08. 行方不明
09. 嘔吐
10. 不安なアタマ
11. Plastic Toy
12. Doll Or Man
encore
13.Tokyoフラストレーション
14. El Dorado


【ライブ情報】
『 ART CORE PUNK GIG 』
日程 : 2015年1月24日(土)
会場 : 高円寺 HIGH
出演 : アレルギー / 奇形児 / PLASTICZOOMS
時間 : OPEN 18:30 / START 19:00
料金 : 前売 ¥3,300 (+ドリンク代 ¥500) / 当日 ¥3,800 (+ドリンク代 ¥500)
チケット : 高円寺HIGH / イープラス
高円寺 HIGH 03-5378-0382

アレルギー


『69 Paradise』
日程 : 2015年2月11日(水・祝)
会場 : 吉祥寺ROCK JOINT GB
出演 : アレルギー / vez / HHR THRILL LOUNGE
時間 : OPEN 18:30 / START 19:00
料金 : 前売 ¥3,000 (+ドリンク代 ¥500) / 当日 ¥3,500 (+ドリンク代 ¥500)
チケット : 吉祥寺ROCK JOINT GB / イープラス
吉祥寺ROCK JOINT GB 0422-23-3091


『ART CORE PUNK GIG』
アレルギー LIVE DVD 発売記念ツアー

日程 : 2015年2月21日(土)
会場 : 京都 磔磔
出演 : アレルギー / 首振りDOLLS / Nocturnal Creatures
時間 : OPEN 17:00 / START 18:00
料金 : 前売 ¥2,800 (+ドリンク代 ¥500) / 当日 ¥3,300 (+ドリンク代 ¥500)
チケット : 京都 磔磔 / イープラス / チケットぴあ
京都 磔磔 075-351-1321

日程 : 2015年2月22日(日)
会場 : 名古屋 徳三
出演 : アレルギー / 首振りDOLLS / Nocturnal Creatures
時間 : OPEN 18:00 / START 19:00
料金 : 前売 ¥2,800 (+ドリンク代 ¥500) / 当日 ¥3,300 (+ドリンク代 ¥500)
チケット : 名古屋 徳三 / ローソンチケット「43961」を検索してください / チケットぴあ
名古屋 徳三 052-733-3709

日程 : 2015年3月14日(土)
会場 : 新宿 LOFT
出演 : アレルギー / 非常階段 / 初音階段
時間 : OPEN 18:00 / START 18:30
料金 : 前売 ¥3,800 (+ドリンク代 ¥500) / 当日 ¥4,300 (+ドリンク代 ¥500)
チケット : 新宿 LOFT / イープラス / ローソンチケット「75252」を検索してください / チケットぴあ
新宿 LOFT 03-5272-0382


【リリース情報】
アレルギー
「 蘇生~Anabiosis LIVE DVD 」

・発売日 : 2015.02.18 (水)
・価格 : ¥3,333(税別)
・品番 : TEBN-36055
■ 2014.10.12で行われた高円寺 HIGH での LIVE から「諸沢利彦」監督の撮影・編集作品。



収録内容(Total Time 約57分)
01. 笑う土
02. Our Time
03. Automata
04. J.B.の夢
05. Eos ~暁の女神
06. 行方不明
07. 嘔吐
08. 不安なアタマ
09. Plastic Toy
10. Doll Or Man
11. Tokyoフラストレーション
12. El Dorado
13. 不知火


Information : CHU-YA official web site